車にキズが付いた。安く直したい。綺麗にしたい。へこんじゃった。このキズ安く直せるお店は?。キズへこみ袋井でちゃんと直せる店は何処?。この車のキズ簡単に直せないかな?。どこか近くに良い修理屋さんないかな?車の修理で良いとこ無いかな?自動車鈑金は何処が良い?外車,輸入車修理、ベンツ修理、BMW 修理、ベンツ事故修理、BMW鈑金修理、BMW事故修理、任せて安心、

袋井市内の自動車のキズ・ヘコミ修理(板金)板金塗装

新車販売

* 新車販売 [#z16ef419]
家族だから出来るサービス満点

日産ノート・eパワー恐るべし!!
東京まで試乗しました。走りの良さは抜群、電気モーターの走りはガソリンの比ではありません。


画像の説明
プリウスが高速で飛ばしているのがよくわかりました。アクセルを踏めば踏むほど、どんどん走るそれも違和感なくスムーズに走ります、そして一回の満タンガソリンで700km走ります。


これは、べた褒めです。
画像の説明
苦情を上げれば、櫃感がダサい、もう少し豪華にしてほしい。安っぽく見えて金額に合わない。シートももう少し厚くして欲しい長距離だと疲れがたまる。


画像の説明
それから、アクセルを離すとモーターが止まるからブレーキが掛ったように急激に止まる。ブレーキを踏んでないのに泊まるからブレーキランプは付いていない。追突に注意。止まっていてもブレーキは踏んでください。


画像の説明
総評は、120点です。この車は買いですね!!

新車の購入を考えている皆さんこちらの動画を見てから検討してみてください。

各メーカーが出しているブレーキ性能です。☟クリックして下さい

安全システム紹介ビデオ安全システム紹介ビデオ☜クリックして下さい

問い合わせ(電話 0538-49-0632 でも OK)


軽自動車・国産車・外車全て取り扱いいたします。

あなたのライフスタイルにふさわしいお車をおすすめいたします。


**待ちに待ったS660発売開始**超カッコイイ~

画像の説明画像の説明画像の説明写真はオートショーにて

最新式安産走行車紹介

画像の説明安全システム紹介ビデオクリックして下さい

画像の説明
画像の説明


事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージ。それが、“Toyota Safety Sense C”です。車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の高い事故に対応する3つの先進安全機能をパッケージ化しました。同時に、各機能の信頼性を高める高精度な検知センサーを新開発。いま最先端の技術革新の成果を組み入れ、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。


しっかりと前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」

画像の説明
“Toyota Safety Sense C”は、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。

画像の説明
作動イメージ図

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、警報を発して回避操作を促します。その際、約30km/h~80km/hで走行中にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します。仮にブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキが約10km/h~80km/hの車速域で作動し、約30km/h減速。たとえば停止車両に対し自車速度30km/hの場合は、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

   自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
   プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
   数値は社内測定値。  


車線逸脱による事故を未然に防ぐために。

画像の説明
レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート*1は、道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

  *1.
   車線逸脱警報。
   本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
   レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。


夜間の歩行者などの早期発見に貢献。

画像の説明

オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

   自車速度約30km/h以上で作動します。
   ハイ・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
   道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。


シフト操作時の急発進・急加速を抑制し被害の軽減をサポート。

画像の説明

ドライブスタートコントロールの作動イメージ図

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減をサポートします。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えます。

[ハイブリッド車、CVT車に標準装備]

先行車発進告知機能

画像の説明前のクルマの発進をおしらせ。

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

[HYBRID G、1.5Gに標準装備。HYBRID、1.5X、1.3Xにメーカーオプション]

   ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します。シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。
   先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび通知タイミングについては変更することも可能です。詳しくは取扱説明書をご覧ください。


NCAP*2 予防安全性能評価において、満点で*3最高ランクの「ASV+」を獲得。*4

画像の説明

JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、満点で最高ランクの「ASV+」を獲得。

   *2.
   自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):
   国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
   *3.
   予防安全性能評価:
   JNCAPに2014年度より新たに導入され、以下の得点(合計46点満点)により車両の予防安全性能を、「ASV」、「ASV+」の2段階で評価。
   ①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>32点
   ②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート> 8点
   ③後方視界情報提供装置<バックモニター等> 6点(2015年度から追加)
   *4.
   Toyota Safety Sense C搭載 及び 販売店装着オプション(バックガイドモニターまたはマルチビューバックガイドモニター)装着車 


Toyota Safety Sense C
トヨタ安全システム紹介ビデオ上下どちらかクリックして下さい。・
トヨタSafety Sense C




フリードスパイクハイブリット);9月納車予定
画像の説明
スペーシアX9月納車予定

軽自動車は今や戦国時代☆日産の自信作「DAYZ」当社おすすめです

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明


        

新型ハイブリット「フィット」ℓ36Kmなんとアクアを超えた!

新車なら断然フィットがおすすめ。ガソリン入れるの忘れそう

9月5日発売・先行予約受付中!!

画像の説明

ホンダ次期フィットHV、世界最高燃費リッター36キロ

画像の説明画像の説明
事故回避支援システムを含む安全装備を充実させた設定

Hondaは、「『ぶつからないクルマ』をより多くのドライバーへ」をコンセプトに、
予防安全技術の事故回避支援システム「City-Brake Active System」を開発しました。
このシステムを、乗車定員保護技術であるサイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグと合わせて、安全装備を充実させたとして設定し、今年発売予定の新型「フィット」に適用します。

 ホンダは燃費性能が世界最高水準のハイブリッド車(HV)を開発した。
主力車「フィット」のHV次期モデルで、ガソリン1リットルあたり
約36キロメートルと現行モデルより燃費が約4割改善する。

問い合わせ(電話でもOKです0538-49-0632)



認証コード(6324)



a:1210 t:2 y:1

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional